読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

INTO THE 2ND GEAR ライブ前 ~オタク編~

オタクの朝は早い。

 

8月21日(日)午前7時45分。

川崎駅からほど近いビジネスホテルで、ひとりのオタクが目を覚ました。

この日は待ちに待った

t7s 2nd Anniversary Live in PACIFICO Yokohama 16'→30'→34' -INTO THE 2ND GEAR-

f:id:spx19:20160826153257j:plain

その当日である。

 

前日に「現地物販の列形成は午前7時から、購入開始は午前8時半から」とアナウンスがあり、

早朝から並ぼうかな~と悩んでいたものの、拙者オタクではござらんので

パンフレット以外を購入する予定はなく、落ち着いた朝を過ごすことにした。

 

起きてすぐに朝食会場へ向かう。

ありがちなビュッフェ形式ではあったが、うまい!!

そもそも、このホテルはレビューに「朝食がおいしかったです!」などと書かれていたために

選んだということもあり、密かに楽しみにしていた。

箸袋にはこのホテルの地下に併設されている中華料理屋の名前が入っており、

なるほどここで作っているから美味いのか~となった(どうでもいい)。

なお、一番美味かったのはフライドポテトで、自分の舌が小学生レベルであることを

再認識し、気落ちした。明らかに食べ過ぎだろうというぐらいの量(主にポテト)を

平らげ、意気揚々と次の目的地へ向かう。

 

辿り着いたのは109シネマズ川崎。

現地物販に行かなかったのは、全国のライブビューイング会場でも同様に物販が行われていることを

知っていたからであり、予定通り、ここでパンフレットを購入した。

 

この時点でまだ9時過ぎ。

自分の参加する昼の部は開場が12時、開演が13時ということで、

中華街でランチと洒落こんでから向かおうと計画していた。

ランチまでの時間、何処かでパンフレットを読みながらゆっくりするか~ということで、

どうせ乗り換えで一旦降りる必要のあった横浜駅まで移動。

横浜に来るのは初めてだったので何かしらのワクワク感はあったものの、普段大阪で暮らし、

前日は東京で過ごした自分から見て、駅前に降り立ったレベルでは何も心動かされるものはなかった

(この時、自分が横浜と相当な縁で結ばれることになるとはまだ思ってもみなかったのであるが、

   これはまた別の話になる)。

駅周りを10分ほどうろつき、汗だくになりながら適当な喫茶店に入ることに。

早速パンフレットに目を通し、優勝マジックが点灯した。

(左は前日にマウスショップで購入した1stのパンフレット)

f:id:spx19:20160826205405j:plain

飲んだレモンティーの味はあまり覚えていない。

 

11時前に喫茶店を後にし、駅のトイレで個室が空くのを待っていると

このシャツを着たオッサンが中から出てきた。

f:id:spx19:20160826151529j:plain

(もうここは戦場なんだ……)、そんな緊張感に包まれるわけもなく、

むっちゃニヤついてしまった。

 

元町・中華街駅へ向かう。

この中黒の入った駅名はどうにかならないのか。

そしてこのタイミングで致命的なミスを犯したことに気付く。

腹が減っていない。

駅に向かうまでの時間で奇跡的に腹が減ってくれることを祈ったが、

朝に食べたのが芋ということもありなんとも腹持ちが良い。

駅のホームに降り立つも、即向かいの逆方向行きの電車に乗り、

もうみなとみらい駅へ向かってしまうことにした。

芋に罪はなく、朝食も美味かったので後悔はなかった。

 

11時半前にみなとみらい駅へ到着。

パシフィコ横浜の大ホールを目指して歩いていると、展示ホールのほうで何かやっているらしい。

まだ時間もあったので見に行ってみると、そこには…

f:id:spx19:20160826151833j:plain

……俺は展示ホールを後にした。

 

開場まで何処か適当なところで涼めたらなと会場周りをうろうろしていると、

裏手にぷかり桟橋とかいう場所を発見。

周りにはオタクの群れがほとんど居なかったので、日陰のベンチでまったりと開場を待つ。

暇すぎたので、一緒に来ていた安原こと(?)城ヶ崎美嘉の撮影会を行った。

f:id:spx19:20160826205523j:plain

 

なお、これを書くためにぷかり桟橋について少し調べたところ

ここは夜にはデートスポットになっているらしく、

それを踏まえて自分のやっていたことを思い出すと感情が無くなってくる。

 

開場の時間が近くなってきたのでそろそろ会場近くまで行くか~と思っていたところに

ツイのサンフレッチェ広島サポーターの方から連絡をいただき、合流。

早速入場し、二人でフラスタを眺めながら「楽しみですね~^^」などと話していた。

 

いよいよ席につく。

席の様子はこちら。

f:id:spx19:20160826205658j:plain

 

今回落選祭りだったこのイベントで、一次抽選から一発でチケットを得られただけでも

僥倖であったが、座席も写真のとおり2階席の実質最前ということで、

完全に(ここでは総監督・茂木伸太郎氏を指す)のお導きによるものであったと思われる。

俺は茂木伸太郎に“一生”ついていくぜ。

 

そうこうしているうちに御園尾マナ嬢によるライブ前諸注意のナレーションが入り、

ニコルとミトによる寸劇が始まった。

そして……

 

「ギアを上げろ」

 

あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!! あああああああああああああああああああああああああ!!!!!!

 

1曲目、 SEVENTH HAVEN が始まった。

 

おわり